農家が知っておきたい営農型太陽光発電のメリット・デメリット

営農型太陽光発電は、太陽光を利用して農業と発電を共に繋げる取り組みの一環として利用されています。農林水産省は再生可能エネルギーを農家に推進するため、営農型太陽光発電の利用を勧めているのです。

実際に、農家が営農型太陽光発電を導入することで、さまざまなメリットを獲得することができます。今回は、営農型太陽光発電のメリット・デメリットについて詳しく解説しますので、興味のある方はぜひチェックしてください。

営農型太陽光発電の3つのメリット

営農型太陽光発電を導入して得られるメリットは下記の3つになります。

電気代の節約になる

1つ目のメリットは、農業にかかる電気代を節約できることです。農業と電気はあまり関係が深くないように思えます。しかし、電気を使用する機会は非常に多いです。例えば、ビニールハウスでは温度を調節するために暖房設備を利用しています。また、照明や空調設備も使用しているため、電気は農業に欠かせないのです。営農型太陽光発電を導入すれば、電力を自家消費できるため、光熱費を節約することができるでしょう。

収入拡大を期待できる

2つ目は、収入拡大を見込めることです。基本的に発電した電力は売電することができるため、農業とは別に収入源を確保することができます。これにより、農業経営の規模拡大などを期待できるため、メリットを感じる農家も多いのではないでしょうか。

ブランド力の向上

3つ目は、ブランド力の向上です。クリーンエネルギーで生産された野菜になるため、話題性も高くなります。また、低炭素なため、地球にやさしく印象もいいでしょう。

営農型太陽光発電の2つのデリット

営農型太陽光発電のデメリットは下記の2つになります。

一時転用許可が必要

1つ目のデメリットは、一時転用許可が必要な点です。農地法に基づいて設備を設置する場合は、一時転用許可を取らなければなりません。また、地域の方々に理解を得ながら、電気事業法に基づく安全対策等関係する法令にも遵守する必要があります。

コストがかかる

2つ目は、コストがかかるという点です。自家消費や収益を得られるような営農型太陽光発電を設置する場合、ある程度の規模が必要になります。そのため、まとまった導入コストが必要です。

営農型太陽光発電の導入なら和上ホールディングスにおまかせください!

営農型太陽光発電の導入は、和上ホールディングスにおまかせください。和上ホールディングスは個人や法人に太陽光発電などを提供する専門業者です。法人向けに営農型太陽光発電を販売し、サポートを行っているため、興味のある方はホームページからお問い合わせください!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG