補助金を利用して蓄電池を購入できる?チェックしたい5つの注意点

国や自治体は分散型エネルギーの仕組みを普及させるため、蓄電池を購入するご家庭や企業に補助金制度を提供しています。補助金を利用することで、導入にかかる費用の負担が大幅に減るため、活用する人は非常に多いでしょう。

しかし、補助金には条件などがあり、すべての人が利用できるわけではありません。そのため、事前に補助金の注意点を確認しておくと便利です。今回は蓄電池を購入する際に利用できる補助金制度の注意点について詳しく解説しますので、補助金の利用を検討している人はぜひ参考にしてください。

蓄電池の購入に補助金を利用する際の5つの注意点

蓄電池の補助金には5つの注意点があります。何に注意すればいいのか具体的にチェックしていきましょう。

太陽光発電の同時購入が必要なケースもある

1つ目の注意点は、太陽光発電を併設する必要がある点です。補助金の中には、太陽光発電と蓄電池の両方を購入することが条件になっているケースもあります。そのため、蓄電池のみを購入する場合、補助金を受けられないこともあるので条件をしっかりと確認するようにしましょう。

国の補助金はSIIに登録されている設備のみ

2つ目の注意点は、SIIに登録されている蓄電池のみが対象という点です。国が提供する補助金は一般社団法人環境共創イニシアチブに登録された蓄電池を購入することが条件となっています。そのため、登録されていないものを購入しても補助金を受けることができません。

予算に限りがある

3つ目は、予算に限りがあるという点です。国や地方自治体では、1つの補助金に対して確保できる予算が決められています。予算に到達した段階で早期終了となってしまうため、できるだけ早めに申し込むのがおすすめです。

交付前に蓄電池を購入しない

4つ目の注意点は、交付前に蓄電池を購入しないことです。国の補助金を利用する場合、交付前に契約をすると受給対象外になります。そのため、交付通知を受けてから契約するようにしましょう。

悪徳業者に注意する

5つ目は、悪徳業者に注意することです。悪徳業者の中には補助金を利用してだますところもあります。そのため、信頼できる業者を選定し、しっかりとサポートを受けるようにしましょう。

詳しい補助金の説明は和上ホールディングスにおまかせください!

補助金を利用して蓄電池の購入を検討している人は、和上ホールディングスにおまかせください。和上ホールディングスは蓄電池の販売を行っている専門業者です。補助金制度の利用に関する相談も承っているため、興味のある方はホームページからぜひご相談ください!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG