蓄電池を設置する際に必要な工事とは?設置手順も詳しく解説

蓄電池を設置するためには、さまざまな工事が必要です。また、安全に導入するためには、数多くのステップを踏まなければなりません。

蓄電池の導入を検討している人の中には、どのような工事が必要なのか知っておきたいという方もいるでしょう。また、具体的な手順を前もって把握しておきたいという方も少なくありません。

そこで、今回は蓄電池を設置する際に必要な工事と設置手順について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

蓄電池を設置する際に必要な工事とは?

蓄電池を設置するためには、まず本体とパワコンを取り付けなければなりません。また、配線を本体から特定負荷分電盤まで接続させる必要があります。そのため、必要な工事は設置工事と電気工事です。

設置工事

蓄電池と周辺機器を取り付けるために、設置工事が行われます。まず、蓄電池は組み立てが必要です。また、屋内外に関わらず固定しなければなりません。さらに、パワコンや特定負荷分電盤の設置も行われます。

電気工事

電気工事は、具体的に配線工事や分電盤工事などが含まれます。蓄電池からご家庭内に電気を送る必要があるため、配線を接続したり、変更したりしなければなりません。また、停電になったときは分電盤を使用するため、分電盤の工事も必要です。

蓄電池を設置する際の具体的な手順

蓄電池を設置するために必要な手順は4つです

業者による現場確認

1つ目の手順は、現場確認です。現場確認では、設置スペースの確保など設置基準を満たしているどうかを確認します。また、配線工事をしなければならないため、配線経路の確認なども行われるのです。

基礎工事

2つ目は基礎工事です。コンクリートで基礎を作ります。これにより蓄電池を設置したときに安定させることが可能です。コンクリートが固まるまでに1〜2日程度の日数がかかります。

蓄電池本体とパワコンの設置・取付

3つ目は本体とパワコンの取り付けです。蓄電池を組み立ててアンカーボルトなどで基礎に固定します。蓄電池本体の取り付けが完了したら、パワコンや分電盤の設置をして完了です。

配線工事

本体からパワコン、住宅分電盤、特定負荷分電盤へ配線を繋げるために配線工事を行います。また、蓄電池を後付けする際は、蓄電池と太陽光発電のパワコンを配線で繋いだり、ハイブリッド型に変更したりする作業が必要です。

蓄電池をスムーズに設置したいなら和上ホールディングスにおまかせください!

蓄電池の導入をスムーズに進めたいという人は和上ホールディングスにご相談ください。和上ホールディングスは、家庭用蓄電池の販売実績が数多くあります。専門のスタッフがサポートしますので、興味のある方はホームページからお問い合わせください!

最新情報をチェックしよう!
>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG